mt.fuji blog

旧『準備室』 2006 Mt.Fuji Photo Exhibition 「ふじあざみ」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

休息

「樹海」展も終わり、久しぶりに本当の休日。
ずっと寝て過ごしてしまった。
思えば、今年に入ってから個展と二つの二人展に全てを注いできて、
ゆっくり休む間がなかったような気がする。
久々に家でひとり、ビールを飲んだ。
内臓も疲れてたのか・・・苦く、滲みた味。

「ふじあざみ」が終わってから、相方・ASAI氏が
福島県いわき市の草野心平文学記念館を訪ねてくれた。
ついでに私の実家にも寄ってくれたようだ。
私の”ふるさと”を知ってもらったことは、うれしくもあり、
ちょっぴり気恥ずかしくもある。

慌しく過ぎ去った夏を思い、ぼんやりと過ごした日。
今日も草野心平の詩集『富士山』から。


   「秋」

 左右満潮の川にはさまれ。
 突堤のはては鉛の海。
 枯れ葦にとまって百舌鳥。
 ハガネの声は空気をつんざき。
 その亀裂にそそぎこむ秋。

 秋のはるか。

 白い永遠。



 管理人HN
スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:小説・文学

  1. 2006/09/16(土) 23:42:53|
  2. 詩画集『富士山』より
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

赤富士

度々紹介してきた詩画集『富士山』は
草野心平の詩と棟方志功の版画が対になって構成されています。
今日の詩「赤富士」の棟方志功の画、いい感じです。

 0825.jpg


   「赤富士」

 カーニバルだ。
 いろんな雲の。

 象のようなニューギニアのような。毛刺の大たぶさのような。
 飲んだくれて横になった李太白のような。

 紫に朱にオレンジに。ところどころは薄墨に燃えるサルビヤに。

 その雲たちの列のましたを。
 赤トンボの編隊が進んでいる。

 そして向う。
 ピカソの赤富士。



 管理人HN

テーマ:本の紹介 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2006/08/25(金) 01:38:31|
  2. 詩画集『富士山』より
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

太古の息吹

今日は樹海の氷穴の写真を添えて、
草野心平の詩集『富士山』からひとつ。


0820.jpg


   「三畳紀」

 レピドデンドロンとシギラリアの林のなかに。
 牡の象がよこたわって。
 眠っているのではない眼をつむって。
 瀕死の喘えぎをしている。
 その牙も一本はさきっちょが折れ。

    西の湖のほとりから。
    峠を越えて。ASAMAの噴煙を左に見ながら五匹の仲間と。
    大とんぼメガネウロンなんかをざらざらの耳でひっぱたきながら。
    羊歯類の平原でさんざ満腹。みちくさしながら五匹の仲間と。
    FUJIのふもとの湖畔の林までやってきたのであったのだが。
    性の勃発から。血みどろになり。
    一番弱い牡が一匹倒されたのだ。

 レピドデンドロンの鱗のある木並のあいだからFUJIが見える。
 火を噴く夜のFUJIが。

 あの空みたいに爛れて死ぬのがおれの運命か。
 などとはさらさら思わない。
 ただ。苦しみが終わればなにもかも終ることを象は知っている。
 寝返りを打った。
 胴っ腹の。
 突き破られた傷口に山盛り。
 俄かにあつまった金蝿の群が歓喜の唸りをあげはじめた。

 葡萄酒色の満月。
 葡萄酒色の暈。



 管理人HN

テーマ: - ジャンル:小説・文学

  1. 2006/08/20(日) 00:34:52|
  2. 詩画集『富士山』より
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

満月の夜を想う

月が満ちてきています。明日8月9日は満月。
富士山の上では見れるでしょうか?

0808.jpg


詩画集『富士山』から今日もひとつ。


   「満月の海に」

 満月の海に。
 突如。
 龍巻。

    そいつはやがて黒いソフトクリームになり見えなくなる。

 三千米のガランの天で。
 サファイア龍は。
 うねりたわむれ。

    ルビーの一点を尻っぽにつけたからだをビィーンと逆立ちさせると
    龍はサファイアの垂直線。

 まっ下に見える不二山巓は。
 白い。
 椀コ。



 管理人HN

テーマ: - ジャンル:小説・文学

  1. 2006/08/08(火) 02:11:15|
  2. 詩画集『富士山』より
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新しい記念の天に

久しぶりに、草野心平の詩を。


   「三百の龍よ」

 堅い暗いガランドウのなかで。
 コールタールの。
 うねりのたうち。
 突破口なく。

 岩漿(マグマ)よ。
 富士を破れ。
 逆さ火の滝を。
 噴きあげよ。

 そして三百の。
 龍よ。
 新しい記念の天に。
 あそべ。

EPSN0186.jpg


 管理人HN

テーマ: - ジャンル:小説・文学

  1. 2006/07/27(木) 02:38:59|
  2. 詩画集『富士山』より
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ